blog.bouzuya.net

2017-05-22 FrameLayout + LinearLayout でだいたいなんとかなる

いろいろやっている。

Android の知見。

  • FrameLayout + LinearLayout でだいたいなんとかなる
  • Space は地味だけど良い
  • Picasso は URL から画像表示までの処理をお手軽にしてくれて良い
  • drawable resource を background などに突っ込むと色々できる
  • Gson で JSON をお手軽になんとかする
  • retrofit で HTTP リクエストをおしゃれになんとかする

FrameLayout は重ねたいとき、LinearLayout は並べたいとき。

左端と右端に起きたいときとか、真ん中に Space を置くといい感じになる。

Picasso 。 square/picasso 。 Image Loader ??? 適当に URL を食わせるだけで画像表示できて幸せ。通信して BitMap として読み込んで……とか、低レイヤーすぎてやってらんない……。

drawable resource はまだあまり把握していない。ちょっとした図形の描画をしたい場合に android:background などに突っ込んでなんとかする。状態に合わせて切り替えたりもできるので、意外と出てくる。

Gson 。賢くやってくれるのだけど、標準っぽくないクラスをつくっている場合、いちいち Deserializer が要る印象。使いかたを間違えているかもしれない。

Retrofit 。 square/retrofit 。また Square 。 HTTP Client 。 interface を書けば class を生成してくれる感じ。 @Path とかきっちり書かせる感じ。 GsonConverter と組み合わせてごにょごにょする感じ。

全体的に雰囲気で書いている。

追記: FrameLayoutLinearLayout だけじゃなく ConstraintLayout も要ると 2017-06-13 に書いた。


bouzuya/blog.bouzuya.net 3.3.6 を公開した。依存している bouzuya 固有のパッケージを scoped package として公開した。

気まぐれに。