• 携帯電話(Galaxy S II)で電子書籍(Pro Git)を読む

    電車の行き帰りに携帯電話(Galaxy S II)で電子書籍(Pro Git)を読んでいる。

    「携帯電話だと画面が小さいから電子書籍はダメだろう」なんて試す前から諦めていたのだけど、試してみたところ思いのほか快適だった。確かに画面は小さいが横向き画面なら十分な横幅を確保できるし、小ささのおかげでかさばらず、人がそこそこ居る電車でも読むことができるし、ポケットから出してすぐに読みはじめることができる。小ささは短所であり長所でもあった。この「手軽さ」こそが思いのほか快適な理由である。

    読んでいる書籍は『Pro Git』の日本語版PDFである。

    せっかくなので作り方を書いておく。言われるままに進めたので、余計なものをインストールしているかもしれない。下記の通り実行する場合は注意すべきである。

    実行した環境はUbuntu 11.10である。

    $ cd
    $ git clone https://github.com/progit/progit.git
    $ cd ~/progit
    $ sudo apt-get install pandoc
    $ sudo apt-get install texlive-xetex
    $ sudo apt-get install texlive-latex-recommended
    $ sudo apt-get install ttf-ipafont
    $ sudo apt-get install fonts-vlgothic
    $ ./makepdfs ja
    

    これでprogit.ja.pdfができるので、あとはPDFファイルを開くことができれば読むことができる。

    携帯電話(Galaxy S II)も素晴らしいし、電子書籍(PDF)も素晴らしいし、書籍(Pro Git)の内容も素晴らしい。「素晴らしい時代に生まれた」と、ぼくは感動している。

    25 min.

携帯電話(Galaxy S II)で電子書籍(Pro Git)を読む

電車の行き帰りに携帯電話(Galaxy S II)で電子書籍(Pro Git)を読んでいる。

「携帯電話だと画面が小さいから電子書籍はダメだろう」なんて試す前から諦めていたのだけど、試してみたところ思いのほか快適だった。確かに画面は小さいが横向き画面なら十分な横幅を確保できるし、小ささのおかげでかさばらず、人がそこそこ居る電車でも読むことができるし、ポケットから出してすぐに読みはじめることができる。小ささは短所であり長所でもあった。この「手軽さ」こそが思いのほか快適な理由である。

読んでいる書籍は『Pro Git』の日本語版PDFである。

せっかくなので作り方を書いておく。言われるままに進めたので、余計なものをインストールしているかもしれない。下記の通り実行する場合は注意すべきである。

実行した環境はUbuntu 11.10である。

$ cd
$ git clone https://github.com/progit/progit.git
$ cd ~/progit
$ sudo apt-get install pandoc
$ sudo apt-get install texlive-xetex
$ sudo apt-get install texlive-latex-recommended
$ sudo apt-get install ttf-ipafont
$ sudo apt-get install fonts-vlgothic
$ ./makepdfs ja

これでprogit.ja.pdfができるので、あとはPDFファイルを開くことができれば読むことができる。

携帯電話(Galaxy S II)も素晴らしいし、電子書籍(PDF)も素晴らしいし、書籍(Pro Git)の内容も素晴らしい。「素晴らしい時代に生まれた」と、ぼくは感動している。

25 min.