blog.bouzuya.net

2018-02-21 QMK Firmware でデバッグ出力する

昨日 (2018-02-20) のキーマップ v17 。予想はしていたけど、バグだらけだった。英字のリピートは効かないし……。動きを見ながら直していたのだけど、ちょっとよく分からない挙動になってしまった。そこでデバッグ出力しながら進めることにした。

QMK Firmware のデバッグ出力については公式ドキュメントの Debugging FAQ を見ると良い。

とりあえず、ぼくは↓のとおりにした。例は macOS かつ Let's Split だ。

  1. QMK Toolbox をインストールする (hid_listen でも良い)
  2. Spotlight などから QMK Toolbox 起動すると、コンソールが表示される
  3. matrix.cdebug_enable = true; を入れる (Let's Split なら既に入っている)
  4. rules.mkCONSOLE_ENABLE = yes を入れる
  5. config.h#define DEBUG_ACTION を入れる (レイヤーなどの状態を見たいなら。なくてもいい)
  6. コンパイルし、書き込む (詳細は説明しない)
  7. 左 Shift + 右 Shift (これが Magic に相当) と指定のキーを押す
    • Magic + d でデバッグを有効化
    • その他のコマンドは TMK の README を参照
  8. ガチャガチャやる

上記に加えて #include "debug.h" して dprint などで確認してみたら、想像と全然違う挙動をしていた。きちんと見ないといけない。今日まで出力なしでやってこれたのはある意味すごい。

いろいろひどいので、また明日直す。