• 落日

    東京事変の『落日』を聞きながら、ぼんやりとしている。

    終電にすこしの余裕をもって間に合うようにぼくはエレベーターに乗った。同僚と一緒だったのだけれど、ただ、だまっていた。問題は話題の有無ではなくて、疲れていることとか、風邪をうつすまいとつけているマスクが息苦しいとか、そのあたりだ。

    慣れって怖いな、って。

    何だろう。エレベーターでは耳がまたピンとなったのだけれど、それにも大した感情を持たなくて、きっとこれが慣れなんだろうな、って思った。

    苦しいことも楽しいことも、幸せだって不幸せだって、当たり前になってしまって、慣れてしまって、分からなくなってしまうのだろう。うまくいくことを願っていることが、もし、うまくいったとしても、気付けば慣れてしまって、当たり前の一部になってしまって、分からなくなってしまうのだろう。

    当たり前の一部には、きっと感情を持つべきものがあるのだろうけれど、それに気付かないまま、ぼくはエレベーターに乗って、終電に乗って、帰ってきて、ただぼんやり『落日』を聞いている。太陽の去るのも見ていないけれど、明日もまた仕事だと思うと、なぜだか笑えてしまう。どうしてだろうね。

    21 min.

落日

東京事変の『落日』を聞きながら、ぼんやりとしている。

終電にすこしの余裕をもって間に合うようにぼくはエレベーターに乗った。同僚と一緒だったのだけれど、ただ、だまっていた。問題は話題の有無ではなくて、疲れていることとか、風邪をうつすまいとつけているマスクが息苦しいとか、そのあたりだ。

慣れって怖いな、って。

何だろう。エレベーターでは耳がまたピンとなったのだけれど、それにも大した感情を持たなくて、きっとこれが慣れなんだろうな、って思った。

苦しいことも楽しいことも、幸せだって不幸せだって、当たり前になってしまって、慣れてしまって、分からなくなってしまうのだろう。うまくいくことを願っていることが、もし、うまくいったとしても、気付けば慣れてしまって、当たり前の一部になってしまって、分からなくなってしまうのだろう。

当たり前の一部には、きっと感情を持つべきものがあるのだろうけれど、それに気付かないまま、ぼくはエレベーターに乗って、終電に乗って、帰ってきて、ただぼんやり『落日』を聞いている。太陽の去るのも見ていないけれど、明日もまた仕事だと思うと、なぜだか笑えてしまう。どうしてだろうね。

21 min.