• Leiningenについて調べた

    Leiningenについて調べたので記録しておく。

    Leiningenとは

    LeiningenはClojureのプロジェクトまわりの雑務をこなすツールである。ビルドやテストや依存するライブラリの管理などをこなす。JavaにおけるMavenに近いものである。

    前回はLeiningenを使ってClojureのREPL起動までを行っ。今回はもうすこし詳しくLeiningenを調べたいと思う。

    Leiningenのインストール

    割愛する。GitHubから1.x系統を取得し、leinをPATHに設定しているものとする。今回の環境は次の通りである。

    $ lein version
    Leiningen 1.7.1 on Java 1.6.0_24 OpenJDK 64-Bit Server VM
    

    lein versionでLeiningenのバージョンを確認している。Leiningenではこのようにleinのあとにタスクを指定して使用する。

    タスクの一覧やヘルプの表示〜lein help〜

    最初に覚えるべきタスクはhelpである。lein help [task]で指定したタスクのヘルプを参照できる。タスクを指定しない場合は、タスクの一覧が表示される。lein versionでインストールを確認できたら、lein helpでタスクの一覧を確認すると良い。

    $ lein help
    Leiningen is a tool for working with Clojure projects.
    
    Several tasks are available:
    classpath   Print the classpath of the current project.
    clean       Remove compiled class files from project.
    compile     Compile Clojure source into .class files.
    deploy      Build and deploy jar to remote repository.
    deps        Download all dependencies and put them in :library-path.
    help        Display a list of tasks or help for a given task.
    install     Install the current project or download the project specified.
    interactive Enter interactive task shell.
    jar         Package up all the project's files into a jar file.
    javac       Compile Java source files.
    new         Create a new project skeleton.
    plugin      Manage user-level plugins.
    pom         Write a pom.xml file to disk for Maven interop.
    repl        Start a repl session either with the current project or standalone.
    retest      Run only the test namespaces which failed last time around.
    run         Run a -main function with optional command-line arguments.
    search      Search remote maven repositories for matching jars.
    test        Run the project's tests.
    test!       Run the project's tests after cleaning and fetching dependencies.
    trampoline  Run a task without nesting the project's JVM inside Leiningen's.
    uberjar     Package up the project files and deps into a jar file.
    upgrade     Upgrade Leiningen to specified version or latest stable.
    version     Print version for Leiningen and the current JVM.
    
    Run lein help $TASK for details.
    See also: readme, tutorial, copying, sample, deploying and news.
    

    色々なタスクがあるようだ。タスク名とその説明からおおよそは理解できると思う。

    新しいプロジェクトの作成〜lein new〜

    lein new [project-name]は新しいプロジェクトを作成できる。次のようなファイルが生成される。

    $ cd
    $ lein new hello
    Created new project in: /home/user/hello
    Look over project.clj and start coding in hello/core.clj
    $ tree hello/
    hello/
    ├── project.clj
    ├── README
    ├── src
    │   └── hello
    │       └── core.clj
    └── test
        └── hello
            └── test
                └── core.clj
    
    5 directories, 4 files
    

    project.cljはプロジェクト名や依存関係にあるライブラリなどを記載する。今回はエントリポイント(:main)だけを追加設定する。依存関係にあるライブラリの設定も非常に簡単に設定できるようになっている。

    $ cd hello/
    $ less project.clj
    (defproject hello "1.0.0-SNAPSHOT"
      :description "FIXME: write description"
      :dependencies [[org.clojure/clojure "1.3.0"]])
    $ vi project.clj
    $ less project.clj
    (defproject hello "1.0.0-SNAPSHOT"
      :description "FIXME: write description"
      :dependencies [[org.clojure/clojure "1.3.0"]]
      :main hello.core)
    

    src/, test/の下にプロジェクト名に従ったファイルが生成される。

    $ less src/hello/core.clj
    (ns hello.core)
    
    $ vi src/hello/core.clj
    $ less src/hello/core.clj
    (ns hello.core
      (:gen-class))
    
    (defn msg [target]
      (format "Hello, %s!" target))
    
    (defn -main [& args]
      (println (msg (first args))))
    
    $ less test/hello/test/core.clj
    (ns hello.test.core
      (:use [hello.core])
      (:use [clojure.test]))
    
    (deftest replace-me ;; FIXME: write
      (is false "No tests have been written."))
    
    $ vi test/hello/test/core.clj
    $ less test/hello/test/core.clj
    (ns hello.test.core
      (:use [hello.core])
      (:use [clojure.test]))
    
    (deftest test-msg
      (is "Hello, Clojure!" (msg "Clojure")))
    

    コンパイルの実行〜lein compile〜

    lein compileはコンパイルを実行する。依存関係にあるライブラリを自動で取得する。後述するlein depsで明示的に取得することもできる。

    $ lein compile
    Copying 1 file to /home/user/hello/lib
    Compiling hello.core
    Compilation succeeded.
    $ ls classes/hello/
    core.class  core__init.class  core$loading__4505__auto__.class  core$_main.class  core$msg.class
    

    テストの実行〜lein test〜

    lein testはテストを実行する。test/hello/test/core.cljに記述したものである。

    $ lein test
    
    lein test hello.test.core
    
    Ran 1 tests containing 1 assertions.
    0 failures, 0 erros.
    

    プロジェクトの実行〜lein run〜

    lein runはプロジェクトを実行する。事前にエントリポイントなどの設定が必要である。上記「新しいプロジェクトの作成〜lein new〜」で設定しているので、そちらを参照すること。

    $ lein run
    Hello, null!
    $ lein run Leiningen
    Hello,Leiningen!
    

    依存関係にあるライブラリの取得〜lein deps〜

    lein depsは依存関係にあるライブラリを取得する。project.cljの:dependenciesに指定したファイルをlib/に保存する。このタスクを明示的に実行せずともlein compilelein testlein runなどを実行すると、自動で依存関係にあるライブラリが取得される。

    $ lein deps
    Copying 1 file to /home/user/hello/lib
    $ ls lib/
    clojure-1.3.0.jar
    

    REPLの実行〜lein repl〜

    lein replはREPLを起動する。依存関係にあるライブラリを自動でクラスパスに設定し、src/hello/core.cljを自動で読み込んでくれる。

    $ lein repl
    REPL started; server listening on localhost port 27036
    hello.core=> (-main)
    Hello, null!
    nil
    hello.core=> (-main "Clojure")
    Hello, Clojure!
    nil
    hello.core=>
    

    jarの作成〜lein uberjar〜

    lein uberjarはjarファイルを作成できる。類似のタスクにlein jarがある。lein jarとの違いは依存関係にあるライブラリをjarに格納し、スタンドアロン実行できる点である。

    $ lein uberjar
    Copying 1 file to /home/user/hello/lib
    Compiling hello.core
    Compilation succeeded.
    Created /home/user/hello/hello-1.0.0-SNAPSHOT.jar
    Including hello-1.0.0-SNAPSHOT.jar
    Including clojure-1.3.0.jar
    Created /home/user/hello/hello-1.0.0-SNAPSHOT-standalone.jar
    

    Mavenリポジトリからのライブラリの検索〜lein search〜

    lein search [keyword]でMavenリポジトリからライブラリを検索できる、らしいがぼくは使っていない。

    Clojarsで検索したものをproject.cljに貼り付けるだけで十分な気がしている。

    その他

    今回紹介したほかにもpom.xmlを生成したり、リポジトリにデプロイしたり、プラグインを組み込んだりと機能はあるようだが、そこはもう誰かにお任せする。

    Leiningenはもう2.xの開発が進められているので、そちらも気になるところ。ひとまずぼくはLeiningenを活用してClojureでのプログラム作成をスムーズに進められるようにしたいと思う。

    65 min.

Leiningenについて調べた

Leiningenについて調べたので記録しておく。

Leiningenとは

LeiningenはClojureのプロジェクトまわりの雑務をこなすツールである。ビルドやテストや依存するライブラリの管理などをこなす。JavaにおけるMavenに近いものである。

前回はLeiningenを使ってClojureのREPL起動までを行っ。今回はもうすこし詳しくLeiningenを調べたいと思う。

Leiningenのインストール

割愛する。GitHubから1.x系統を取得し、leinをPATHに設定しているものとする。今回の環境は次の通りである。

$ lein version
Leiningen 1.7.1 on Java 1.6.0_24 OpenJDK 64-Bit Server VM

lein versionでLeiningenのバージョンを確認している。Leiningenではこのようにleinのあとにタスクを指定して使用する。

タスクの一覧やヘルプの表示〜lein help〜

最初に覚えるべきタスクはhelpである。lein help [task]で指定したタスクのヘルプを参照できる。タスクを指定しない場合は、タスクの一覧が表示される。lein versionでインストールを確認できたら、lein helpでタスクの一覧を確認すると良い。

$ lein help
Leiningen is a tool for working with Clojure projects.

Several tasks are available:
classpath   Print the classpath of the current project.
clean       Remove compiled class files from project.
compile     Compile Clojure source into .class files.
deploy      Build and deploy jar to remote repository.
deps        Download all dependencies and put them in :library-path.
help        Display a list of tasks or help for a given task.
install     Install the current project or download the project specified.
interactive Enter interactive task shell.
jar         Package up all the project's files into a jar file.
javac       Compile Java source files.
new         Create a new project skeleton.
plugin      Manage user-level plugins.
pom         Write a pom.xml file to disk for Maven interop.
repl        Start a repl session either with the current project or standalone.
retest      Run only the test namespaces which failed last time around.
run         Run a -main function with optional command-line arguments.
search      Search remote maven repositories for matching jars.
test        Run the project's tests.
test!       Run the project's tests after cleaning and fetching dependencies.
trampoline  Run a task without nesting the project's JVM inside Leiningen's.
uberjar     Package up the project files and deps into a jar file.
upgrade     Upgrade Leiningen to specified version or latest stable.
version     Print version for Leiningen and the current JVM.

Run lein help $TASK for details.
See also: readme, tutorial, copying, sample, deploying and news.

色々なタスクがあるようだ。タスク名とその説明からおおよそは理解できると思う。

新しいプロジェクトの作成〜lein new〜

lein new [project-name]は新しいプロジェクトを作成できる。次のようなファイルが生成される。

$ cd
$ lein new hello
Created new project in: /home/user/hello
Look over project.clj and start coding in hello/core.clj
$ tree hello/
hello/
├── project.clj
├── README
├── src
│   └── hello
│       └── core.clj
└── test
    └── hello
        └── test
            └── core.clj

5 directories, 4 files

project.cljはプロジェクト名や依存関係にあるライブラリなどを記載する。今回はエントリポイント(:main)だけを追加設定する。依存関係にあるライブラリの設定も非常に簡単に設定できるようになっている。

$ cd hello/
$ less project.clj
(defproject hello "1.0.0-SNAPSHOT"
  :description "FIXME: write description"
  :dependencies [[org.clojure/clojure "1.3.0"]])
$ vi project.clj
$ less project.clj
(defproject hello "1.0.0-SNAPSHOT"
  :description "FIXME: write description"
  :dependencies [[org.clojure/clojure "1.3.0"]]
  :main hello.core)

src/, test/の下にプロジェクト名に従ったファイルが生成される。

$ less src/hello/core.clj
(ns hello.core)

$ vi src/hello/core.clj
$ less src/hello/core.clj
(ns hello.core
  (:gen-class))

(defn msg [target]
  (format "Hello, %s!" target))

(defn -main [& args]
  (println (msg (first args))))

$ less test/hello/test/core.clj
(ns hello.test.core
  (:use [hello.core])
  (:use [clojure.test]))

(deftest replace-me ;; FIXME: write
  (is false "No tests have been written."))

$ vi test/hello/test/core.clj
$ less test/hello/test/core.clj
(ns hello.test.core
  (:use [hello.core])
  (:use [clojure.test]))

(deftest test-msg
  (is "Hello, Clojure!" (msg "Clojure")))

コンパイルの実行〜lein compile〜

lein compileはコンパイルを実行する。依存関係にあるライブラリを自動で取得する。後述するlein depsで明示的に取得することもできる。

$ lein compile
Copying 1 file to /home/user/hello/lib
Compiling hello.core
Compilation succeeded.
$ ls classes/hello/
core.class  core__init.class  core$loading__4505__auto__.class  core$_main.class  core$msg.class

テストの実行〜lein test〜

lein testはテストを実行する。test/hello/test/core.cljに記述したものである。

$ lein test

lein test hello.test.core

Ran 1 tests containing 1 assertions.
0 failures, 0 erros.

プロジェクトの実行〜lein run〜

lein runはプロジェクトを実行する。事前にエントリポイントなどの設定が必要である。上記「新しいプロジェクトの作成〜lein new〜」で設定しているので、そちらを参照すること。

$ lein run
Hello, null!
$ lein run Leiningen
Hello,Leiningen!

依存関係にあるライブラリの取得〜lein deps〜

lein depsは依存関係にあるライブラリを取得する。project.cljの:dependenciesに指定したファイルをlib/に保存する。このタスクを明示的に実行せずともlein compilelein testlein runなどを実行すると、自動で依存関係にあるライブラリが取得される。

$ lein deps
Copying 1 file to /home/user/hello/lib
$ ls lib/
clojure-1.3.0.jar

REPLの実行〜lein repl〜

lein replはREPLを起動する。依存関係にあるライブラリを自動でクラスパスに設定し、src/hello/core.cljを自動で読み込んでくれる。

$ lein repl
REPL started; server listening on localhost port 27036
hello.core=> (-main)
Hello, null!
nil
hello.core=> (-main "Clojure")
Hello, Clojure!
nil
hello.core=>

jarの作成〜lein uberjar〜

lein uberjarはjarファイルを作成できる。類似のタスクにlein jarがある。lein jarとの違いは依存関係にあるライブラリをjarに格納し、スタンドアロン実行できる点である。

$ lein uberjar
Copying 1 file to /home/user/hello/lib
Compiling hello.core
Compilation succeeded.
Created /home/user/hello/hello-1.0.0-SNAPSHOT.jar
Including hello-1.0.0-SNAPSHOT.jar
Including clojure-1.3.0.jar
Created /home/user/hello/hello-1.0.0-SNAPSHOT-standalone.jar

Mavenリポジトリからのライブラリの検索〜lein search〜

lein search [keyword]でMavenリポジトリからライブラリを検索できる、らしいがぼくは使っていない。

Clojarsで検索したものをproject.cljに貼り付けるだけで十分な気がしている。

その他

今回紹介したほかにもpom.xmlを生成したり、リポジトリにデプロイしたり、プラグインを組み込んだりと機能はあるようだが、そこはもう誰かにお任せする。

Leiningenはもう2.xの開発が進められているので、そちらも気になるところ。ひとまずぼくはLeiningenを活用してClojureでのプログラム作成をスムーズに進められるようにしたいと思う。

65 min.