• 紅の豚

    ぼくはいま398円の唐揚げ弁当を食べながら紅の豚を見ている。幸せすぎて涙が出る。

    どこか愛くるしい豚が空を飛んでいる。青い空を真っ赤な飛行機で飛んでいる。酒を飲み、大きな口で笑う豚が。

    フィオがすごく良い。まっすぐでひたむきで、自信と情熱にあふれていて、ただただまぶしい。ぼくはあんなにひとつのことに夢中になれるだろうか。

    TVCMのたびに現実へと戻される。悲しい現実に涙が出る。

    93 min.

紅の豚

ぼくはいま398円の唐揚げ弁当を食べながら紅の豚を見ている。幸せすぎて涙が出る。

どこか愛くるしい豚が空を飛んでいる。青い空を真っ赤な飛行機で飛んでいる。酒を飲み、大きな口で笑う豚が。

フィオがすごく良い。まっすぐでひたむきで、自信と情熱にあふれていて、ただただまぶしい。ぼくはあんなにひとつのことに夢中になれるだろうか。

TVCMのたびに現実へと戻される。悲しい現実に涙が出る。

93 min.